体をつなぐ。心をつなぐ。社会とつなぐ。
脳卒中 セラピー

    多くの脳卒中患者さんやそのご家族からの「自分にあった個別のトレーニングをしたい」、

    「仕事を続けたい」、「後遺症を克服したい」といったご希望に応えるために生まれたのが

    「自費リハビリ つなぐラボ」です。

    神経疾患専門の自費リハビリ施設です。

    脳卒中(脳梗塞、脳出血)、神経変性疾患(パーキンソン病など)、脊髄損傷などの方向けのリハビリを行います。

    つなぐラボの特徴と期待できること

    ・歩行能力の向上

    ・手の細かい動きの促通

    ・肩や腰、膝など関節の痛み緩和

    ・生活の質の向上

    ・臨床10年以上のベテラン療法士が在籍

    ・就労支援

    姿勢」と「脳」のセラピーを重点的に行う

    脳卒中後の方の多くは、麻痺側の使用が減少し、対側は過活動となるため、姿勢の崩れが目立つようになります。左右の大脳半球の働きがアンバランスとなり機能障害を起こします。そのような状態で歩く練習や、手を伸ばす練習を繰り返すと、疲れや痛みを誘発して筋肉や関節の硬さを助長してしまうことになります。姿勢の安定化を優先に行い、運動の源である「脳」や「脊髄」に正しい感覚を伝える必要があります。セラピーやトレーニングではセラピストの「熟練した触れ方」で、筋膜・筋・皮膚を介して脳の「運動野」と呼ばれる司令塔に適切な感覚情報を送って運動を誘発します。

    実生活を考慮した包括的なアプローチ

    ご利用者毎の症状に合わせた環境調整を行います。

    ・必要に応じて自宅の環境調査を行います。

    ・安全面のみを優先した手段ではなく、潜在的能力を引き出すための環境調整を行います。

    ・ご家族に対し十分な情報公開を行い現状の課題を共有していきます。

    ・適切な個別性のある自主トレーニング指導

    事業案内

    店舗で

    つなぐラボは、セラピー効果を引き出すための環境作りに力を入れています。施設に備えた道具を適切に使用しながら、ご利用者の潜在的機能を最大化を図っていきます。

    ご自宅へ訪問

    ご自宅へ訪問し生活の現場で動作練習を実施していきます。主に機能向上を目的に環境調整を行います。転倒などのアクシデントを避けるためにも必要な取り組みとなります。

    オンラインで

    「遠方である。」などの事情で店舗までの移動が難しい場合に活用できます。

    料金について

    基本料金(税込)
    90分¥15000
    延長30分+¥7000
    訪問
    オンライン

    つなぐラボのセラピーの特徴

    身体を整える事で持っている力を最大限に活かすことができる

    つなぐラボのセラピーは、スタッフの熟練した技術でご利用者の個々の潜在能力を最大限に引き出し、運動の効率性を向上が期待できます。